アレンジ
asobiba 立川とかいてたちかわとは読まない♪(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
asobiba
スポンサー広告  

立川とかいてたちかわとは読まない♪(笑)

TSUTAYAのポイントがたまってたので、今更「しゃべれどもしゃべれども」
を借りてきて観てみました。
たいち君が出てる、噺家さんのお話。(上方じゃなくて江戸の落語ですかね)

思ったより面白かったなあ。ウン。

みなさんは落語はお好きでしょうか?

私は、うんちくだの細かいしきたりなどは全くわかりませんが、わりと好きです。
ってことで、わたしと落語。(さくぶん)

もともと、ツービートなどの漫才が好きで、(やすきよとかもね)「オチ」のある
漫才の笑いが大好きだったんですけど、あるとき、知り合いがCDを貸してくれて
なんとなく聞いたのが落語。
初めて聞いた時はびっくりしましたね。だってそういう意味ではオチがない。
いや、厳密には「サゲ」というオチはあります。だけど、落語ってそこをメインで
楽しむものじゃないっていう・・・
それってちょっと面白くないですか?
まあもちろん、人それぞれでしょうが、落語の面白さってその話の中に登場する
「人」そのものなんじゃないかとワタシは思ってます。
なんつーか。人の「おかしみ」みたいな・・・。情けなさみたいな。
だから、漫才のようにグーーッと引っ張ってドンとおとすような瞬発力のある
面白さはなくて、だけど、そこかしこに、ちょっとずつ滲み出るおかしさ、
そのゆるーい感じが、逆にクセになるというかね。
あと、シロートでも、お話として自然に楽しめる、そのわかりやすさでしょうか。
ただでさえ「らくごねぇ・・・」と、一歩引かれやすいジャンルだと思うのですが、
いやいやもう、びっくりするほど親切な笑いなんです、落語って。
初めて生で聴いた時はちょっとした衝撃でした。
表情、しぐさ、ちょっと着物の襟をなおしたりして色っぽさを出したりするだけで
ものがたりの世界がぐぐっと近くなるんです。
そのしぐさだけでもテンション上がって笑っちゃうの^^
しかも同じ話でも話家さんによってテンポも違うわ解釈も違うわで、
なんど見ても飽きないのです。それも面白い。
3月に立川志らくの独演会に行った時、中村仲蔵という演目が非常に面白くて
久々にドキドキしながら落語を観ました。
芝居を落語で見せるわけで、だからこそ志らくさんの芝居への姿勢や芸
そのものがものがたりに透けて見えるっていう・・・そこが斬新で面白いですよね。
話の中に情景が浮かんでくるだけでなく、人間性が滲み出ちゃうから、
そこに説得力があるのはやっぱりすごいことだなーーと思っちゃいました。
今はあまりたくさん見られてませんが、やっぱり時間があったらどんどん行きたい
なと思ってけっこうウズウズしてます。
わたし、子供の頃、親に「能」の舞台に何度も連れていかれて、なんだか怖くて
逆にトラウマになってしばらく見られなかったんですけど、
そういうのって能でも歌舞伎でも、ジャンルは違えどありますよね。
落語も、入り口さえスムーズだったら、もっとたくさんの人に愛されると思う
のに、まだまだマイナーが匂いがしますもんねぇ。うん。
なんとなくそれを好きな人たちだけしかわからないような・・・。
とはいえ、ものごととは全部そんなものなのかもしれません。
ある視点から見たら、何ごとも超ディープな側面や意味合いをもってるでしょ?
アイドルさんしかりですよね^^
逆に言えば入り込む隙間は何にでもあるってことだね^^ウン 笑
とりあえず、落語の場合はこの映画なんかおすすめかもしれません。
あと、ドラマのタイガー&ドラゴンとか?
興味ある人は一度生の落語を聞きに行ってみて下さいませ。
ワタシみたいに広く浅くって人でも十分楽しめるくらいだもん。
youも首つっこんじゃいなyo♪
寄席っていつでもやってますしね~
(有名な人にこだわらなければだけどさ)

そういえば最近、円楽師匠のニュースを聞いて、そういえばこの人の落語って
聞いたことないなーと思ってちょっと調べたら、師匠、ほとんど落語は
やってらっしゃらなかったんですね。
うん、確かにイメージは「笑○」だったもんなぁ・・・。(あれは大喜利だもんね)
あのひょうひょうとした喋りの落語をちょっと聴いてみたいなあと思いましたけど。

って、またオチがない。
わたしね・・・国語嫌いなんですよ。(文学部だったはずだが)
いやいや・・・おあとがよろしくないようで。
とりあえず、どろんしちゃおう! 笑


← もしよろしければweb拍手
asobiba
音楽・映画・芸術   2

いいなぁ~。
突っ込む突っ込む(だから主語を書け!)笑。


新宿の裏に行くと いっつも入りたいなぁって
某なんちゃら亭の前を行ったりきたりします。(苦笑)
いい加減入りたい。

友達の息子が 落研に入りあそこのボランティアでお掃除すると見せてもらえるらしく たまにやっているらしいが・・

だんしさんはいったいどこで聞けるんかい?って思うの。
赤めだかの人のも聞いてみたい。

すもも師匠 宜しくご指導お願いします。ぺこり。(笑)
2009/11/10 09:39 | | edit posted by J
Jさん
あ~、ほにゃらら亭っすか^^←ないから

入っちゃったらいいじゃないですか。
まぁ、Jさんちょっと浮くかもしれませんけど 汗

へぇ~落研!いいなあ、ボランティアでも生で聴けるのってすごく羨ましい・・・
わたしも入りたい!(入れねえし!)

だんし師匠の落語って他の人と全然違うんですよね♪
ちょっと悪趣味なとこもありつつ、落語に対してはとことん情熱的で。
他の噺家さんとは全然違うので非常に面白いです。
体調不良で見られなくなっちゃいましたよね。すっごく心配。
ワタシの中で落語の入り口は談志師匠だったので・・・。
談春さんも面白いですが、トリッキーなところがあるので
好き嫌いがあるかも・・・汗 まぁみんな面白いです♪

やっぱ・・・生ですよね^^(しろーと的結論)
今度行きましょうよ♪いいのとれたら♪
2009/11/10 19:39 | | edit posted by すもも














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。